北京政法職業学院

 北京政法職業学院は1982年成立し北京市人民政府に許可され、国家教育部に登録した北京市直属の国立普通高等職業学院であり、2012年、優れの成績で、モデル高等職業学院の建設作業を北京市に検収されました。市モデル高等職業学校になり、社会基層の法律補助者、法律業務員と中高等安全保護者をメインとする人材を育てます。1999年以来、学院は中国共産党北京市委員委員会政治法律委員会党学校及び北京市法律中高層に人材センターの欠乏問題を解決する責任を負い、北京市高級人民裁判所書記員トレーニング基地と全国人民代表大会及び全国政治協商会に指定された会議サービス単位です。

 学院の中に社会法律仕事係、安全防備係、法律応用係、経済貿易法律係、情報技術係、基礎部など、五係1部21つの専門が設立され、職業従業認定書から高等専科卒業証まで、すべての専門課程教育を提供します。全日制学生4500人、年間平均3000人以上に職業トレーニングします。学院が成立以来の30年間、政治法律業界や社会へ25000人以上の合格卒業生徒を投入しました。法律業界及び現代サービス業界の認定を普遍的に頂きました。

 学院は中国首都において、北京し朝暘区の東部に立ち、周りには国家法官学院、北京第二外国語学院、中国伝媒大学など有名な学校があります。学院面積445ムー、固定資産2.3億人民元を越え、教学科学研究設備の価値は9400万元以上になります。校内校外実行訓練基地(室)160箇所あり、その中に2箇所が中央財政に重視され、支持されています。2箇所が市モデル実行訓練基地となります。図書館の蔵書は45万冊を超えています。学校には室内体育館、ボーリング館、室外バスケットコート、大講堂小講堂などが設置されています。学院現有教職員が383名います。その中に専門および兼任教師206名、教授および副教授などの高級職員68名います。中央財政に重視および支持されている法律事務と司法情報安全2課程があり、市モデル専門法律秘書、安全防衛、司法情報安全3課程と国家上品課程という安全防衛武術が用いられています。また、書記員作業実務、民事訴訟法、刑事法律実務、公司法原理と実務、安全防犯技術応用、ネット攻撃及び防御技術6課程は市上品課程として設定されています。

  学院は真っ先に国際提携と交流を盛んにした高等職業学校の一員として、現在は既に米国、ドイツ、オーストラリア、ロシアなど10国以上の国及び地域の有名な大学やトレーニング機関とは提携交流関係を打ち立てました。2009年以来、アジア、ヨーロッパを中心として、大勢の国から留学生を引き付け、それぞれ特色のある教導を与えています。北京政法職業学院中国の学校であり、世界の学校でもあります。我々は国際学生達が各類中国語の研修や専業学歴向けの留学を心より歓迎しております。

  

 北京政法職業学院は留学生に中国法律事務、経済貿易、コミュニティー管理、情報技術、安全防衛などの中国語トレーニングと本科の予科課程を提供できます。専業課程以外に、中短期の体験勉強や見学アイテムも提供しています(例:中国司法、公共管理、文化、芸術など)。学生が直接に中国社会と文化を詳しく分かることに役立ちます。


在线客服
在线客服系统